自分は職業を聞かれたとき「WEBライターです」と言っていいのか?

どうも。

3月に引っ越しを控えているまりあんぐです。

引っ越す、といっても遠い彼方に引っ越すわけではないのですが、とにかく引っ越します。

まぁ、それはいいんです。それはいいんですよ。

 

私が最近感じた問題として、職業を聞かれたとき、自分は「WEBライターです」って言っていいのかという問題がありましてね。

今回はそのことについて書こうと思います。

f:id:mariang:20170906104754j:plain

きっかけは、「よっしゃ、自分の専門分野にしたいから心理学の勉強するべ」と軽ーい気持ちで通信講座の資料を請求したときです。

なんと、その会社から電話が来ましてね。「なぜ勉強しようと思ったんですか?(要約)」と聞かれたんです。

 

私は戸惑いましたよ。正直に「WEBライターやってるんですが、専門分野にしたいから心理学を学びたいんですぅ」って言っていいものかと。

でも結局言っちゃいました。そうしたら、

「すごいですね!WEBライターなんですか!」と大変驚かれていました。

私は、「いやいや、誰でもなれますよ…」と言うので精一杯。

ここで感じました。私のようなクラウドソーシングサイトを中心にお小遣い程度しか稼いでいない分際で、WEBライターを名乗っていいものなのかどうか。

 

商業団体のメディアとかにバリバリ記事を載せているライターさんは、間違いなくWEBライターです。絶対そう名乗ってもバチは当たりません。紙媒体にも記事を載せている人も完璧なライターです。

しかし、私のような者はどうなんでしょう?

特に記名記事を多数載せているわけではなく、月に10万円稼いでいるわけでもない自分が、職業を聞かれたときに「WEBライターです」と言っていいものなのでしょうか?

 

私の中では、自分の職業は「在宅で文章書いてます」と表現するほうがしっくりきます。示していることは変わらないものの、「ライター」という表現が無いだけでだいぶウソをついている気持ちが減ります。(別にウソをついているわけではないのですが。)

 

あくまでも私の場合ですが、本当はアルバイトとかパートの分類に入ると思うんですよね。

労働時間もそんなものですし。

 

きっと、取材するようになったら立派に「私はライターです!」って名乗れるようになると思います。

でも、コミュ障の自分が取材案件に手を出すのか、という点に関しては、今のところ可能性は低いです。

でも、引っ越しが落ち着いたらやってみたい…かもしれない。

 

今回はこんなところで終わりです。

ありがとうございました。

 


Webライター入門 ――副業・プロで稼ぐための50の基礎知識

Twitterは何の役に立つのか?

どうも。

最近は雪がひどいですね。

ココ雪国・新潟でも雪が酷いです。とりあえず今回の雪で得た教訓は、「雪国でもJRはJR」ということです。

安全が一番!良いことですね。

 

さて、今回はTwitterに関して私が以前感じていたことを書いてみます。

f:id:mariang:20180213132648j:plain

まず、Twitterって個人には何の利益が合ってみなさん使っているのか?という疑問が私にはありました。ええ、自分でも使ってる分際で。

企業にとって利益があることはわかるんです。tweetして、情報発信して、ユーザーに利益のある情報・最新の情報を知ってもらう。つまり宣伝ですね。

 

でも、個人が使う理由としては、情報をtweetする・拡散させる…くらいの効果しかないのかな、と思っていました。

要は、情報を得る・拡散させる以外の使用目的は無いのかな、という感じです。

 

そんなわけで、Twitterをやっていて良い効果は何か、調べてみました。

 

効果その①:文章力が上がる

Twitterの制限文字数は140字です。この140字という数字の中に、どれだけ自分の伝えたい情報・思いを詰め込めるかがTwitterの醍醐味ということもできます。

一方で自分の伝えたい情報を140字に詰め込まなくてはならないため、必要な情報を短い文字数でいかに伝えるか工夫が必要ということになるのです。

自分が魅力的な文章(魅力的な情報を伝えること前提ですが)を書けば、フォロワーさんたちから「いいね!」を得ることができます。

つまり、自分の作った文章を評価される場でもあるわけですね。

 

効果その②:ハッシュタグを利用することで、情報の共有ができる

Twitterを始めて間もない頃は、「このハッシュタグというものはどうやって使うのか?何のためにあるのか?」と独りで悩んでいました。

しかし、今ではわかります。ハッシュタグは、情報の共有に非常に便利なものだと実感したのです。

例えば、好きなテレビ番組について情報を集めたいとき。このハッシュタグを利用して検索すれば、様々な情報を得ることができます。

また、自分がハッシュタグを利用してtweetすれば、同じ情報を共有したい人達に自分の情報を発信することができます。

これでテレビ実況を見てると、とっても面白いですよ。

 

効果その③:tweetしている人とお近づきになれる

これが最大の効果かもしれません。

Twitterはそれまであった情報の垣根を超えることができます。テレビの中の遠い存在であった有名人に発言することもできますし、Twitterをしている人同士で地域を超えて繋がることができるようになったのです。

コレはすごいことです。Twitterに限らない話だとは思うのですが、私はTwitterでこの効果があるとは正直思っていませんでした。(知り合い同士で絡むくらいかと思っていました)

顔も知らない人同士がTwitter上で朝の挨拶とかしているのを見ると、心がホンワカしてきます。癒し効果もある、ということができますね。

 

いかがでしたでしょうか。正直、皆さん知っている情報ばかりだったと思います。

私が過去に「Twitterについて抱いていた疑問」をまとめただけなので、おお、こんな効果が!…みたいなことはなかったと思います。

でも、改めてTwitterってすごいと思うことができました。

みなさんはどう思われましたか?

 

今回はこれで終わりです。

読んでいただきありがとうございました。

 


ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り

クラウドソーシングサイト以外でも在宅ライターの仕事はありますよ!

みなさん、お元気ですか?

私はインフルエンザも治り、ライティングも再開しました。

 

今お世話になっているお客さんが少ないので、こうしてブログも触れています。

仕事量が少ないと、「なんかいい仕事無いかなー」と案件探しをしてしまうのが私の悪いクセです。

しかし、今回はそんな案件探しのなかで、驚愕の新事実(私にとって)を発見しました。

それを皆さんにお伝えします。

f:id:mariang:20170801135903j:plain

驚愕の新事実、それは、

別にクラウドソーシングサイトでなくとも在宅ライターを募集しているところはあるということ。

 

例えば、@SOHOをはじめとしたSOHO仲介サイト。

www.atsoho.com

SOHO仲介サイトの良いところは、クラウドソーシングサイトには付き物だった手数料が無いということ。

クライアントと直接契約を結んで、お仕事を貰います。

なかにはライター未経験でも良い、という案件もあるので、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトと一緒にこちらもチェックしても良いでしょう。

 

また、Google先生に聞いてみる(検索してみる)と、様々な在宅ワークの募集をかけているサイトがあります。

例えば、こちらもSOHO仲介サイトですが、ママワークスというサイトもあります。

mamaworks.jp

会員登録画面で確認したところ、男性でも登録できるのでご安心を。

こちらは本当にお仕事仲介サイト、という作りをしているので、使い方もハローワークのような使い方ができますね。

私も登録してみました。良いお客さんがいたら良いな。

 

Googleで在宅ライターの仕事を探すとき、注意したいのが様々なサイトに登録しすぎて自分で把握できなくなること。

自分で登録したサイトは、必ずお気に入り登録しておきましょう。

「お客さんからメールが来たみたいだけど、どこのサイト経由できたのかがわからない…」では、お客さんも自分も損をしてしまいます。

 

あと、怪しげなサイトにも注意しましょう。私はまだ遭遇したことないのですが、登録だけさせておいて個人情報を抜き取る、なんてサイトもあるかもしれないので、必ずそのサイトについて評判を見るようにしましょう。

 

私は、気になるサイトがあったら片っ端からお気に入りに登録するようにしています。

例え現在は受ける気がなくとも、いつかお客さんが減った時に向けて備えていくためです。

だからなのか、現在お気に入りサイトの量がすごいことになっています。超大量。

 

少しでも条件の良い仕事を探すために、頑張ります。

本日はこれまでです。読んでいただきありがとうございました。

 


頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書