ブログ設立1周年&ブログ名変更しました。

みなさん、いかがお過ごしですが?

体調など悪くされていませんでしょうか。

私は、なんだかハイになっていて若干心配です。こういう時の反動が怖いのです。

 

さて、18日で当ブログは1周年を迎えます。

そのお祝いとあってはなんですが、ブログ名を変更しました。

f:id:mariang:20170906104754j:plain

 

その名も、統合失調症がwebライターを目指すブログ。」

まんまです。純度100%です。

これほど当ブログを表している言葉はないでしょう。多分。

 

なぜブログ名を変更するに至ったのか?

それは、結婚という大きな出来事が関係しております。

 

私の当初の目標は、独りでライター業で食べれるようにすることでした。

しかし結婚した今、私は独りで食べていく必要はなくなりました。

夫(まだ籍は入れていませんが)と二人三脚で生きていくことになったのですから。

 

だから、独りで食い扶持を稼ぐ!というくらい稼ぐ必要もなくなったのです。

(もともとそんなにたくさん稼げていませんが)

だから、旧ブログ名「引きメシ!」はふさわしくないと感じるようになりました。

 

ふさわしくない…。

ブログ名変えたい…。

でも何も思いつかない…。

 

よし!直球でいいか!

それが私の答えでした。

 

とりあえず、当分はこのブログ名で行きます。

変だなぁと感じたらまた変えます。

そんなゆるい感じで、これからもやっていけたらと思います。

 

今回は短くこの辺で。

それではお元気で~。

文字単価50円。それは偽りの依頼。

GWも過ぎましたね。

みなさん、通常の生活に戻ることができましたか?

5月病になっていませんか。

 

5月病はうつの始まりにもなり得ますので、ご注意を。

 

さて、今回はお仕事でまーた騙されかけたので、そちらを記事にしたいと思っています。

f:id:mariang:20180514102926j:plain

 

それは、一件の仕事相談から始まりました。

「専門職の転職サイトを利用して、その感想を文章にしてほしい。文字単価50円で。

 

これを見た時、「ああ、間違いメールだな」と思いました。

だって、私はそんな専門職を経験したこともなければ、転職サイトをじっくり使用したこともありません。というか、そんなことプロフィールに書いてません。

 

でも、文字単価50円てすごいな。専門的になるとそんな単価もあるんだなー、と呑気に考え、「宛先間違ってますよ」的なメッセージを返しました。

(できれば仕事に繋がることを願って)

 

しかし、返ってきたメッセージは、「あなたが良いんです」的なメッセージ。

ええ、舞い上がりましたよ。私は純粋ですからね。(バカとも言い換えられますが)

 

で、条件を詰めて、この条件なら受けますよー的なメッセージを送った後。

その人が運営してるサイトをじっくり見ていました。

「なんか色んなサイトの感想集めているんだなー」

「にしても、ちょっと見づらいサイトだな…」

「アレ?なんかこの記事にコメントついてるぞ?」

 

このコメントが、私を守ってくれました。

 

コメントの旨は、「報酬の支払いをしてください、勝手にキャンセルしないでください」というもの。

そう、このお仕事の依頼者は、記事を書いても報酬をくれない悪質なクライアントだったのです。

どうりで、文字単価が多いわりにお仕事の募集実績が0なわけです。

おそらく、運営に通報されてはメールアドレスを変えて登録し、また通報されてはメールアドレスを変えて…を繰り返していたのでしょう。

 

私は、「報酬を支払ってくれると確約がなければ、この仕事は受けません」とメッセージを送りました。

返信は、まだありません。やっぱり図星だったのでしょう。

 

2回も騙されかけると、なんとなく地雷っぽいクライアントが分かってきます。

ちょっとまとめてみました。

  1. 日本語が怪しい。そもそも文章書くのを依頼する方にも関わらず言葉を間違っている
  2. 「途中で止めるの禁止!」的なマニュアルを見せられる
  3. そのマニュアルの字の大きさがなんだか不自然に大きい

上記のようなクライアントは、怪しいです。

 

まぁ、クラウドソーシングサイトでお仕事を探しているとこうしたクライアントが紛れ込んでいるもので。

何事も経験値になると思います。騙されてみるのもアリ…かもしれませんが、やっぱり騙されないほうが1000倍良いと思います。

 

今回はこんなところで。

みなさんは騙されないようにしてくださいね。

働くということ。

こんばんは。

GWですね。みなさん楽しんでいますか?

来年は夢の10連休なるか、なんて話もでてきていますね。

コンビニの人も休めばいいのに、なんて思うまりあんぐです。

 

今回は、働くことについて考えてみました。

f:id:mariang:20180502190739j:plain

 

私は今、ライティングを仕事のようなものとして生活しています。(現在では本業は主婦になりましたけど)

なぜ在宅で仕事(のようなもの)をしているのかというと、外で働くのは厳しいからです。

 

今まで、正社員の仕事を辞めてから様々な仕事をしてきました。市役所の臨時職員、税務署の臨時職員、中小企業のアルバイト、等。

どれも長続きしませんでした。なぜなら、出勤しようとすると吐き気に襲われる、仕事後に何もできないほど疲弊するからです。

一週間のうち5日間出勤、一日4時間ほどの仕事も長続きしませんでした。そもそも、外に出て働くことに多大なストレスを感じていたのだと思います。

 

ええ、甘えなのでしょう。

しかし、病気で倒れる?までは平気で出来ていたことです。

なぜ出来なくなってしまっているのか、私には今でもわかりません。

でも、とにかく外に働きに出ることは恐ろしくて出来ないことになってしまったのです。

 

そもそも、人間って一日8時間も働くことができるのか?と疑問を抱くようになってきています。

少なくとも8時間ぶっ通しで集中することは不可能です。

8時間の間に、お昼だったり小休憩を器用に入れたりして皆さん過ごしているはずです。

私も、かつてはそれが出来ていました。

でも、今ではできません。

 

なんというか、この病気になってからそこの器用さが失われたと思っています。

0か100で物事に当たる。やるときは常に100だから、やった後に疲弊して何もできない。

これはよろしくない。

 

特に、外で働きに出るとそれが顕著に現れるような気がします。

まず仕事に行くこと自体に100であたり、仕事でさらに100を消費し、帰りにはもう疲れ切ってしまう…というのが、私のパターンです。

つまり、家事とかできなくなってしまうのですな。

 

今、まずは本業を主婦にしてほしいと相方に言われています。

なので、ライティングもほどほどにしておきたいと思っています。ライティングは集中するものですから、これもちょっと疲れます。

(でも外で働くよりよっぽど疲れません)

 

私が外で働くのは、もっと先になってからでしょう。

子どもが生まれたら育児にも集中しないといけないですし。

 

結局、今回の記事では何が言いたかったのか?

働くってすごいことだよ!…ということだと思います。多分。

 

そんなこんなで、今回は終わりです。