そもそもなぜwebライティングに行き着いたか

どうも。

りあんぐです。

 

知人にこのブログのことを話しました。

そうしたら、「なんでwebライティングをするようになったか、とか良いんじゃない?」

との言葉を得ることができました。

 

そうだ…!それだ!と私は思いました。

このブログに足りないもの、それは私が何者か説明することだったのです!

 

そんなわけで、今回は「私がなぜライティングをするに至ったか」をお話しします。

 

時は1年ほど前にさかのぼります。

毎日ぐーたらしていた私は、内職に目を付けました。

 

「内職なら人に会わずに自分のペースで仕事ができるかもしれない」

そう思った私は、近所のハローワークで内職情報を探しました。

しかし、どれもスキルが必要で私ができそうなものが何もない。

 

私は悩みました。このままぼーっとして時間が過ぎるのはもったいなさすぎる、私はまだ20代なのに…!

 

そんなとき、動画再生機と化していた目の前の便利な道具に気付いたんです。

そうだ、パソコンで検索してみれば良いじゃない!

在宅ワーク」で検索しました。そうすると、アラ?ライティングって何かしら?に行き着いたわけであります。

 

自慢じゃありませんが、私は中・高時代に先生から「文章を書くのが上手い」と褒められたことがあります。

そんな私なら、文章を作成するライティングは向いている仕事なのかもしれない…。

 

そう考えて、まずはタスク形式のお仕事からチャレンジしました。

確か、400字くらいの短い文章でした。それを作成するのに、1時間くらいかかってしまいました。

今もですが、よほど頭が鈍っていたんでしょうね。

 

お金目当てで途中で普通の仕事に勤めたこともありましたが、結局ライティングに戻ってきています。

いわゆる普通の仕事に比べると、びっくりするくらい稼げないことは事実です。

でも、家でできる上に、何のスキルがなくてもできる仕事と考えると、とても良いものだと思えます。

 

これからもライティング続けていきます。

では、今回はここまで。

 


秀作ナンプレ100(初級者) (王様ナンプレ)