スイッチオフでOK!統合失調症の人の1週間の過ごし方

どうも。

りあんぐです。

 

ここ2日ほど、ライティングとも統合失調症とも関係ない記事を更新してしまいました。

いかがでしたでしょうか。

我ながら「これはよろしくないな」と感じたので、今回は統合失調症のお話しをします。

テーマは、「統合失調症の人の1週間の過ごし方について」です。

f:id:mariang:20170605091113j:plain

みなさんお分かりのように、統合失調症は病状に波がある病気です。

できればそんな波を起こさずに、穏便に過ごしたいもの。

そこで私がやっているのが、1週間のスイッチの入れ方を工夫することです。

 

具体的な方法をご説明します。

スイッチの数を最高5つとします。これらのスイッチは「頑張るぞスイッチ」です。

スイッチがオンになっている数が多ければ多いほど、色々なことを頑張るようにします。

では、1週間のスイッチの調節はどのようにするのか?

私は以下のように調節しています。

(☆の数がオンになっているスイッチの数です。☆の数が5つだと最高に頑張ります)

  • 月曜日:☆☆
  • 火曜日:☆☆
  • 水曜日:☆☆☆
  • 木曜日:☆☆☆☆
  • 金曜日:☆☆
  • 土曜日:☆☆
  • 日曜日:☆

こんな感じの頑張りで日々生きています。やっていることは主に家事とライティング、そしてブログ更新くらいですが。

一見してお分かりの通り、☆が5つの日はひとつもありません。最高で☆4つですね。

 

そう、病気になったら頑張らなくて良いのです。お仕事や作業所に行ってらっしゃる方は私のように低空飛行とはいかないかもしれませんが、やはり頑張らないことをおススメします。

ちなみに、私が正社員だった時代は火・水・木曜日にスイッチを☆5にしていました。そりゃ病気になるわな。

 

このようにまったり毎日を生きることによって、症状の波を起こさないようにしています。

最近では、病気になるくらい頑張ったのだからもうあとは頑張る必要なんてないんじゃないかと思うようになってきました。

(おかげで症状の波は最近起きていません)

 

今後も当分はこんな感じで生きてまいります。

今回はこれで終わりです。

 


ぜんぜん頑張らない「うんどう」教室 イヤでも続けられる「うんどう習慣化」プログラム [ 西城眞人 ]