仕事でマニュアルは必要なものだけど邪魔だと思うこともある

お仕事をしてらっしゃる方、マニュアルの存在をどう思っていらっしゃいますか?

私が正社員の仕事をしていたときは、マニュアルを渇望してました。

しかしライティングを始めて、マニュアルの存在をちょっと邪魔だなぁと思うことがあります。

f:id:mariang:20170612144528j:plain

 

ライティングをするとき、よくマニュアルを渡されます。

ライティングのマニュアルというのは、数字は必ず半角数字でとか、見出しの数など文章を作成するうえで細かい取り決めが書いてあります。

なにせ、文章を作成するというのは誰でもできること。しかしクライアントが求めているのは、あくまでもマニュアルのルールに則った文章です。それを作るのが私のお仕事なんですよね。

それをマニュアル邪魔だなぁ、と思うのは、自分の好き勝手に文章を作りたいという心から来るものなんです。そんな仕事を募集しているクライアントはほとんどいません。

それこそ、自分の文章などブログにでも書いておけっていうことになります。

 

正社員の仕事をしていたときは、マニュアルを渇望していました。先輩が手取り足取り教えてくれるはずもなく、ただ前例に則って懸命にやってました。その前例を探すのに苦労したこともありますし、そもそも前例が間違っていたというケースもありました。

「お願いだから、マニュアルを整えてください!」

これは、当時の心からの願いでした。

 

でも、ライティングの仕事をしている今では、マニュアルはちょっと邪魔だなと思っているわけです。不思議なものですね。

それはきっと、文章を書くというのは誰にでもできることという意識が、そのままライティングという仕事の意識に繋がってしまっているからなんだと思います。

どうしてもライティングを「ただ文章を書く仕事」だと思ってしまうのが問題なわけです。

 

ライティングは、始めるのに特別なスキルは要りません。しかし細かく取り決めがあってはじめてライティングという仕事が出来上がるわけです。それをまとめてくれているのがマニュアル、というわけです。

 

結局私が何を言いたいかというと、マニュアルは大事なものでそれに沿った文章を作成して初めてライティングという仕事をすることができる、ということです。

うーん、正社員時代と逆の状況なので運命を感じますね。

 

みなさんは、仕事にマニュアル必要ですか?それとも邪魔だと思っていますか?

 

 


使える!活かせる!マニュアルのつくり方 (実務入門)