飼っているオカメインコへの愚痴がすらすら出てきたよ

以前の記事↓で、私が飼っているオカメインコについてお話ししましたね。

mariang.hatenablog.com

その後のオカメちゃんたちについて、今回はお話しします。

f:id:mariang:20170626141921j:plain

(写真は私が飼っているインコとは違う種類です)

 

その後の様子、といっても大したことは無いです。

 

あれだけ舞っていた羽毛が無くなりました!

 

つまり、換羽が無事終わったということを言いたかったのです。良かったです。これで悩みごとが一つ減りました。

後、インコ関連で悩んでいることとしては、

  • インコ同士の仲が悪い(2羽飼っています)
  • 2羽のうち1羽が、部屋に放鳥した後でケージに大人しく入ってくれない
  • 餌の残骸を散らすので部屋が汚い
  • 私が部屋から出ていくたびにうるさい
  • インコが餌箱をガンガンしてうるさい
  • いちいちうるさい
  • うるさい

こんなところです。

いや、ほんとにうるさいんですよ!なんだか「うるさい」という文字が既に私の中でゲシュタルト崩壊していますが、ほんとにうるさいんです!

ゲシュタルト崩壊って何?という方はこちら↓)

kotobank.jp

犬猫と同じように飼う前に私は、色々な飼育本を飼って、または借りてオカメインコのことを調べました。

どの本にも「鳴き声は控えめなほう」と書いてありました。そして大人しく、喧嘩などはあまりしないとも書かれてありました。

それがどうですか、私のオカメちゃんたちは。

 

すごいうるさい。わがまま。喧嘩…はしないけど、インコ同士の仲は悪い。あと噛む。

 

飼育本のうそつき!と私は言いたいです。なんでこんなに現実は乖離しているんだよ!

というかホームセンターで飼われてたときはあんなに静かだったじゃない…!

どんな心変わりがあったの!?もしかして反抗期だから!?

(インコにも一丁前に反抗期は存在するらしいです)

 

原因は分かっています。ええ、すべて私の教育が悪かったんです。甘やかしました。

 

まだ2羽とも成鳥一歩手前の頃に購入したのですが、その頃にはまだ人間の手によって餌を与える必要があります。餌を与えた後、私は部屋の中を自由に歩き回るオカメちゃんを「可愛いなぁ」なんて思いながらしばらく眺めていたのです。

多分、これがいけなかったんです。要は、なめられちゃったんですね。

 

でも勘違いしていただきたくないのが、私は今でもうちのオカメちゃんたちを大切に思っているということです。

愛ゆえに「もっと可愛くなってほしい」と思う心からくるものです。先述の愚痴は。

まぁのろけ話とでもとっていただいて結構です。

 

可愛いですよ。うちのオカメインコは。

写真に収めたいくらいですが、うまく撮れないのでそこはご容赦を。

いつ見ても、うん、可愛い。

 

 

 


インコの心理がわかる本―セキセイインコとオカメインコを中心にひもとく