ブログのネタ帳における遺言のようなメッセージ

皆さんもやっていらっしゃるかもしれませんが、スマホにブログのネタ帳みたいなのを作っています。

これまで一応毎日ブログを更新させていただいていますが、書いていくうちにどうしてもネタが少なくなってくるからです。

そこでネタ帳が活躍する…のですが、私はネタ帳に一文しか書かないので、後から見返すと「なんだこりゃ?」と思うものも中にはあります。

今回は、そんなネタ帳についてお話ししたいと思います。

f:id:mariang:20170701100718j:plain

(画像はネタつながりということでお寿司です。無理やりすぎますかね?)

 

私は家の中でもスマホを片時も離さないので、ぼーっとしているうちに浮かんだネタをスマホでメモしています。

メモする事柄としては、ネットで検索して興味を持ったネタ・テレビを見ているうちに思い浮かんだネタ・はたまた夢に見たことなどです。

様々なネタを、なるべく多くメモしておくように心がけています。

 

しかし、中には「何が言いたかったんだ?」と思い悩むようなメモもあります。

それが一番多いのは、夢で見たことをメモしたとき。夢の中のストーリーを端折りすぎて、何が何だかよくわからなくなっているときがあります。

 

実際にあったこととして、ゾンビのネタがあります。

先日、ゾンビのことを書いた記事を作成させていただきました。↓

mariang.hatenablog.com

この記事を書いたその日、私は夢を見ました。今では何がどうだったかストーリーは覚えていないのですが、楽しい夢だったのを覚えています。

そしてこの夢、ネタとして採用できるほどのものだったようで、スマホにメモが残っていました。

どんなメモが残されていたかというと、

「終末のゾンビ」

です。

 

…いや、ゾンビネタ書いたばっかりだってば。

そもそも楽しかった夢にゾンビが関係してくるのか?どんな夢を見たんだ私は?

「終末のゾンビ」ってものすごい黙示録な匂いがするワードなんだけど。楽しい夢に絶対関連してこないワードだとも思うんだけど…。

 

このワードで私が作成できる記事といえば、すっごい宗教ネタしか書けません。そして、宗教ネタの需要があるかと言えば、そうでもないような気もします。

でもせっかくのネタなので、もうちょっと時間が過ぎたら「終末のゾンビ」について書くことがあるかもしれません。

その時いったいどんな記事が出来上がるのか…。それが私には恐ろしいです。

 

ブログを書いているみなさんは、どんなふうにネタを集めていらっしゃいますか?

お聞きできる機会があれば、ちょっと聞いてみたいですね。

 


漫才入門 ウケる笑いの作り方、ぜんぶ教えます