久々にWordpressに触れました

みなさん、すみません。

自分でこんな記事↓書いておいて、昨日ブログ更新をさぼってしまいました。

mariang.hatenablog.com

 

まさに医者の不養生。いえ、医者になれる頭はありませんが、とにかく意味合いとしてはこんなことを言いたいです。

でも、今後はライティングを中心とした生活を送るので、ブログ更新が遅くなる可能性も…あり、ます。

すみません!でもお金が欲しいんです!そのためにはライティングをしなければいけないんです!

そんなわけで、お許しくださると嬉しいです…。

 

さて、今回は久しぶりにWordpressを触ったので、その感想を書きたいと思います。

f:id:mariang:20170714142258j:plain

 

久しぶりに触った?なんか前にもあるような口ぶりじゃないか、と思われた方、その通りです。

私は1年ほど前、パートとして在籍していた会社で業務の一環としてWordpressに触ったことがあります。

ホームページ制作の会社だったのです。正直、そこの会社に良い思い出はありません。

 

しかしdropboxの存在をそこで覚えたり、illustratorを触ったりすることが出来たので、実りはあったと言えばあったのですが。

とにかく、悪い思い出しか浮かんできません。

 

さて、久しぶりにWordpressに触った感じとしては、「あれ、使いやすくなってない?」と感じました。

クライアントさんが用意してくれたマニュアル通りに操作しただけなのですが、なんだかホームページ制作会社に勤めていた時よりなんだかやりやすいです。

UIが改善したのか、はたまた前触った時の環境が悪かったのか…。多分後者だと思います。

 

写真をアップするときも、ドラッグ&ドロップするだけとすごく簡単です。

あれ、こんな簡単だったっけ?

見出しを作るのも簡単。

あれ、こんな簡単だったっけ?

本文の段落を作るのも。

あれ、こんな(以下略)

とにかく、万事簡単に感じました。

 

簡単だと感じた理由は、きちんとしたマニュアルがあったからかもしれません。前回触った時は口で教えてもらったのですが、わたしはどうも口から出たものを覚えるのが苦手なので、何度も同じことを聞いて怒られたものです。(メモする余裕もありませんでした)

今回は人が監視しているわけではないし、マニュアルがきちっとしてあったので、難なく操作できました。

 

うーん、こんな簡単ならそのうちWordpressでサイトを制作し出すかもしれません。

その時がきたらここに困っていることを書きだすかもしれません。その時はよろしくお願いします。

 

 


いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)