中性脂肪との対決~ダイエットのペースの適正さとは~

こんにちは。お盆という事でブログ更新も時々お盆休みを取らせていただいていました。

お前のブログの更新なんぞに休みなんて要らん、という私の内からの声が聞こえてきていますが、気にしないことにします。

 

さて、今回はまたしても中性脂肪シリーズです。

f:id:mariang:20170816085052j:plain

主治医から「中性脂肪がパネェよ、君(意訳)」と言われたのでダイエットに励んでいる私ですが、中々体重と脂肪は減りません。

全然減らないんだよねー、なんて話を彼氏にしたら、「健康的に痩せたほうが良いよ」との意見を貰いました。

 

なるほど、確かにそうです。

すぐに痩せてほしいのはやまやまですが、すぐにリバウンドするような不健康?なダイエットは私も望んでいません。

それよりも、筋肉がきちんとついて、脂肪も適度に有って…なナイスバディを目指したいところです。

そこで、今回の表題に至ったわけです。「体重を減らす適切なペースとは?」

コレを調べてみました。

そしてこちらのサイトさんを発見しました。↓

beslimbody.com

引用します。

1カ月(4週間)で体重の3~5%程度の減量が無理のないレベルだと感じています。

 

3〜5%程度というとイメージがつきにくいですが、例えば体重が60kgの方だと1.8kg〜3.0kgぐらいとなりますね。100kgだと3〜5kgという感じですね。

 

1カ月で体重の3~5%というのは、思ったよりも多い数字です。

しかし、こちらのサイトさんの記事にもある通り、体重というのは身体のコンディション(水分量とか、便の具合とか)で簡単に上がったり下がったりします。

ですのでそれらを考慮して体重計に乗ると、実際にどれくらい痩せたかというのは分かりづらいですね。

やはり、体重計に継続して乗り、その結果体重が何百グラムでも減っていたら「痩せている」とカウントしたほうが良さそうです。

もっと確実なのは、身体の様々な箇所を継続的に測ることでしょうか。でも、これは面倒くさいですね。

 

私はできれば10キロは減らしたいので、このダイエット生活を継続的というより日常にしないと目標体重には届きません。

運動はバーンマシン+αで、食事は1300キロカロリーくらいの摂取量で日々を暮らさないといけないのです。

大丈夫、出来るハズ。だって友達なんてもっと少量しか食べないのに普通に働いているから…!

 

決意を新たにしたところで、今回は失礼します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。