中性脂肪との対決~敵か味方か?人工甘味料~

こんにちは。

このお盆明け初の土日、みなさんはどう過ごしましたか?

まだ仕事に身体がついていかなかった、という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、この土日でその疲れをじっくり癒してくださいね。

 

さて、癒しといえば甘いもの、甘いものと言えば人工甘味料です。

ゼロカロリーでダイエットにも優しい人工甘味料。果たしてその正体は敵か味方か…?

と、いうことで人工甘味料について調べてみました。

f:id:mariang:20170820153937j:plain

 

Googleで調べた結果まず目についたのは、人工甘味料は危険だ!」というサイトさん。

こちらでご紹介はしませんが、「人工甘味料は血糖値を上げてしまう」ということで危険だとされているようですね。

んんー…。でも、血糖値は炭水化物や糖分の多いモノを食べれば、それだけで上がってしまうものらしいよ?(下記サイトさんを参考にしました)↓

www.skincare-univ.com

 

人口甘味料だけ「血糖値が上がる!」と非難されるのはちょっと違うような気がしてきました。

…と思っていたら、私の考えをずばり示してくれたサイトさんを発見しました。↓

www.mag2.com

興味深い箇所を引用します。

こういう結果だけを見ると、人工甘味料が糖尿病を引き起こしているように見えますが、こうした研究レポートはあくまでそういう一面があるというだけで、因果関係があるとまで結論付けていません。

つまり、もともと肥満がちな人は少しでも摂取カロリーを抑えようとダイエット飲料を好み、もともと健康的な体型を維持して健康な人は、もともと食生活に気を遣っているし、間食も控えている…という根本的な部分が検証が難しいので、因果関係自体を証明することは困難なわけです。

 

では因果関係が不明瞭なら安全なのかと言うと、たまに飲む分には何も気にしなくて良いと思います。

 

これです!私が言いたかったのは!

端的に言うと、「何事も摂取しすぎたらダメ」ということが言いたかったのです!

 

例えば、健康に良いとされる食品は世の中にあふれていますが、一つの食品だけを食べ続けるのは不健康ですよね?

人工甘味料だけでも、そのことは言えると思います。

人工甘味料を始め食品添加物が敵視されているこのごろですが、よく話題になる発がん性などは大量に摂取した場合のことです。

食品添加物だけを大量に摂取する、なんて機会はありませんよね?人工甘味料でも同じことが言えると思います。

 

何事もほどほどにするのが良いと思います。当然人工甘味料もそうだと思います。

 

今回はこれで終わりです。

読んでいただきありがとうございました。