過去記事の再考~その絶望は真実か?~

こんにちは。友人と猫カフェで戯れていました。

でも私は犬派なので、どちらかというと犬と戯れていたいです。

犬カフェというのは都会でも無いのでしょうか?

 

さて、今回は以前書いた記事について再考する機会があったので、それについて書きます。

f:id:mariang:20170823104443j:plain

 

再考したい箇所があるのは、この記事です。↓

mariang.hatenablog.com

再考したい箇所を引用します。

なんで自分の身体はこんなに弱いんだろう。

なんで体調に波なんてあるんだろう。

なんで私だけ生きづらいんだろう。

ここです。

友人と猫カフェで戯れていた、と記事の初めに書きましたが、その友人も精神病を患っています。

その友人と生きづらいね~なんて話していたら、こんなことを言ってくれました。

「まりあんぐはしっかりしてるし、仕事とは別の方で活躍したら良いんじゃないかな」

ということを、言ってくれたのです。

 

このときの私の気分は、まさにカウンセリングを受けている気分でした。

(カウンセリングの目的は「自分の問題に気付くこと」なので、厳密には違いますが)

そうです、外で仕事が出来なくても、ライティングで稼ぐことはできるし、私には友人も彼氏もブログもあるじゃない!

そう認識させてくれる、力強い言葉でした。

 

ちなみに友人は1日3~4時間ですが、働いています。

私と同じく障害年金を受給していますが、将来的には受給を止められれば、とも言っていました。

あわよくば(体調が回復するまでは)ずっと貰ってやろうと思っている私とは大違いです。

なんというか、同じ精神病を患っているのにこんなに違うのか、と思わされました。

 

というか、彼女のほうが「一生懸命生きている」という感じがして、少々眩しかったです。

生きている以上、一生懸命に生きたほうが得だと思っているのですが、それがままならぬのもこの統合失調症の特徴です。(陰性症状といえるかもしれません)

 

早くこの病気寛解しないかな…。

というか、2年くらい経ってるけど、まだダメなのかな…。

 

精神病を患っていると、他の人なら容易に届く目標が、とても高い目標であることがあります。

しかしダメダメ言って努力を怠ったら、生きている甲斐が無くなってしまうような気がします。

ということで、今後は色々と頑張れるだけ頑張ろうと思います。

 

読んでくれてありがとうございました。