見出し・小見出しが既に決まっている記事のライティング方法とは?

どうも。まりあんぐです。この挨拶も久しぶりですね。

ここでの挨拶は、いつもどうしようかな…と悩みます。ネットをするのに時間は関係ないから、おはようとかこんばんはは違うよな…と悩んでみたり、じゃあ無難なこんにちはかな…などと悩んでいます。

結局こんにちは、とかどうも、とかで落ち着くのですが。

 

さて、私は今見出しが決まっている記事のライティングをしています。そんな見出し・小見出しが決まっている記事の作り方について、こうすれば良いかな?と思ったことを書いていきます。

f:id:mariang:20170801135903j:plain

見出しや小見出しが決まっているということは、書くべきことが事前に決められているということです。そういう意味では「何を調べるべきかわかりやすい」、「何を書くべきか迷わなくて済む」という良い点もありますが、逆に言うと「自分の好きなように記事を作成する」ということができないということです。

 

私はどちらかというと「自分の好きなように記事を作成する」ほうが好きです。なんだか仕事を任されているような感じがするからです。

(ライティングをしている時点で仕事を任されているのですが)

 

そんな私ですので、見出し・小見出しが既に決まっている状態の記事を作成しろ、と指示を出されたときは、ちょっと困惑しました。だって、既に記事が完成しているような印象を受けたんですもの。

えっと、ここまで書いてあれば全部自分で書けるのでは…?

などと思ってしまいました。仕事をいただいている身分のくせに生意気ですね。

 

さて、最初は困惑した見出し・小見出しが既に決まっている状態の記事作成ですが、だんだん慣れてきまして、こう書けば良いのかな、と思えるものが固まってきました。

 

見出し・小見出しが既に決まっている状態の記事を作成するには、仕事を依頼した人がどんな文章を欲しがっているのかを考えればよいということが、なんとなくわかってきました。

本当なら読者のことを考えて…だと思うのですが、実は私はまだそこまで考えることができません。如何に筋の通った記事を作成するかに終始してしまっています。

 

そんな私でも、「依頼者が、この小見出しではどのような文章を欲しがっているのか」を考えることはできます。多分小見出しなので短い文章でまとめられるからかもしれませんね。短い文章なら、方向性を定めたままで文章を作成できますし。

 

私はようやくこのことに気付いたのですが、皆さんはとっくに実行していらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな感じで、今回は以上です。

読んでくれてありがとうございました。

 


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉