こんな人はライティングに向いていない

こんにちは。すっかり秋ですね。

家から見える山も紅葉で綺麗なオレンジ色となっております。

これが海ならもっと良かったんですけどね!(海好き)

 

さて、今回は日々ライティングしていて、こんな人はライティングに向いていないなー、というのが掴めてきたのでそれについて語ります。

f:id:mariang:20171110151507j:plain

 

ライティングに向いていない人①:ネットで検索するのが嫌いだ

こんな人はwebライティングにホントに向いていません。

なぜならライティングというのは基本的にネットで情報を検索して記事を書くからです。普通の仕事で言えば、自分で調べる前に人に聞いちゃう人でしょうか。

とにかく、「ネットで検索するのが面倒&イヤだ!」という人はライティングに向いていません。

 

ライティングに向いていない人②:毎日与えられた量の仕事がしたい

こんな人もライティングに向いていません。

ライティングはクライアントを探してきてお仕事をするのですが、このクライアントを探す、なおかつ交渉するという行為は受動的な人にはちょっと難しいです。

自分から行動しないとwebライターになれません。(なるのは簡単ですが)

 

ライティングに向いていない人③:雑談しながら仕事をしたい

向いていません。

なぜならライティングは黙々と作業あるのみだからです。

普通の仕事場ではカレーライスの話をしながら仕事をするなんてことも可能ですが、ライティングでは雑談するのは不可能です。というか、雑談が可能となったら私と同じ病気ですので、おとなしく病院へ行きましょう。

 

ライティングに向いていない人④:自分でスケジュールを立てて仕事をすることができない

こんな人も向いていません。

ライティングでは納期に向けて記事を作成していくのですが、納期まで計画的に仕事をすることができない人は、ライティングに向いていない人です。

学生時代でいうなら、テストの直前になって一夜漬けとかし出す人でしょうか。

普通の仕事では上司から何か言われないと仕事を進めることができない人のことです。

webライターは自分で仕事を調節し、自分で作業するのが求められる職業?です。自分のことが管理できない人は向いていないと思います。

 

ライティングに向いていない人⑤:パソコンを持っていない人

向いていない…というかできません。

スマホで文章打てるし!という人がいるかもしれませんが、クラウドソーシングサイトではスマホでの作業は無理ということが多いです。

特にライティングになると、スマホNGという募集がほとんどです。

(少なくともクラウドワークスではそうでした)

私も、スマホで例えば3000字の文章を作成することができるのかなぁと思っています。私はできません。

 

 

いかがでしょうか。

ひとつでも当てはまっている人は、ライティングをあきらめて普通の仕事に就いたほうが良いような気がします。というかそっちのほうが安定しているんですけどね。

逆を言えば、ひとつも当てはまらなかった人はライティングにとっても向いています。さぁ、はやくクラウドソーシングサイトに登録しに向かうのです!

 

ライティングを始めたい人はコチラ↓も参考にドウゾ。

mariang.hatenablog.com