いつも何かに追われている夢をみています。

こんにちは。もうすぐ冬なわけですが、みなさん冬の備えはしていますか?

私はコートを買いました。それだけしかやってません。

さて、今回は私がいつもみる夢についてちょっとお話しします。

f:id:mariang:20171115144002j:plain

 

1年半ほど前から、わたしはたいていいつも同じ夢をみます。

それは、卒論に追われる夢。

卒論どうしよう、何も手を付けてないのに締め切りは1カ月後だよ…というような夢をたいてい見ています。

現実では、そんなに困ることなく卒論を提出して卒業できたのですが、なぜか夢の中では卒論に苦労している夢をみているのです。

 

卒論に追われる夢と同じくらい頻繁にみる夢もあります。

それは、夏休みの終わりの日っていつだっけ?と焦っている夢。友人に連絡して聞いたりするのですが、その友人の答えもあやふやで…といった具合で、問題の解決にはたいていなりません。

もちろん、現実でそんな状況になったことは一度もありません。

 

とにかく何かに追われる夢をみるのです。

卒論に追われているとか、夏休みの終わりに追われているとか、夢の中で私はしょっちゅう何かに追われています。

正直、夢見の良い朝はあまりありません。

 

原因はわかっています。この生活です。

ライティングしている・家の中にいる今の生活を、心の底では否定しているのでしょう。

普通の仕事をやれよ、と心の底で自分を責めているのだと思います。

こんなことを思っていては全webライターの方々に失礼だと思いますが。

 

しかし、私には普通の仕事は正直難しく、外で働くとなると吐き気が襲ってくるのです。それが、どんなに簡単で短時間の仕事でも。

今年の2月~3月ごろ、3時間の清掃の仕事をやっていたこともあるのですが、やはり吐き気が、そして最後には不安感が襲ってきて長くは続きませんでした。

このとき、「私には普通の仕事はできない」と心の底から思いました。

そして同時に絶望もした覚えがあります。「普通の生活はできないのか」と。

 

今では障害年金とライティングのお仕事+実家暮らしで生活させていただいていますが、その時の思い・絶望がいつまでも私を追いかけているのだと思います。

だから同じような、何かに追われている夢ばかりをみるんでしょう。

夢占いをするまでもありません。もうこれが原因です。

 

しかし、今では私は結婚を控えた身。昔のことにいつまでもこだわっている余裕はありません。

決めなければいけないことがたくさんあります。

今後はそちらのほうに意識を向けることで、この夢とはサヨナラしたいと思っております。

 

今回はこれで終わりです。読んでくださりありがとうございました。