文字単価50円。それは偽りの依頼。

GWも過ぎましたね。

みなさん、通常の生活に戻ることができましたか?

5月病になっていませんか。

 

5月病はうつの始まりにもなり得ますので、ご注意を。

 

さて、今回はお仕事でまーた騙されかけたので、そちらを記事にしたいと思っています。

f:id:mariang:20180514102926j:plain

 

それは、一件の仕事相談から始まりました。

「専門職の転職サイトを利用して、その感想を文章にしてほしい。文字単価50円で。

 

これを見た時、「ああ、間違いメールだな」と思いました。

だって、私はそんな専門職を経験したこともなければ、転職サイトをじっくり使用したこともありません。というか、そんなことプロフィールに書いてません。

 

でも、文字単価50円てすごいな。専門的になるとそんな単価もあるんだなー、と呑気に考え、「宛先間違ってますよ」的なメッセージを返しました。

(できれば仕事に繋がることを願って)

 

しかし、返ってきたメッセージは、「あなたが良いんです」的なメッセージ。

ええ、舞い上がりましたよ。私は純粋ですからね。(バカとも言い換えられますが)

 

で、条件を詰めて、この条件なら受けますよー的なメッセージを送った後。

その人が運営してるサイトをじっくり見ていました。

「なんか色んなサイトの感想集めているんだなー」

「にしても、ちょっと見づらいサイトだな…」

「アレ?なんかこの記事にコメントついてるぞ?」

 

このコメントが、私を守ってくれました。

 

コメントの旨は、「報酬の支払いをしてください、勝手にキャンセルしないでください」というもの。

そう、このお仕事の依頼者は、記事を書いても報酬をくれない悪質なクライアントだったのです。

どうりで、文字単価が多いわりにお仕事の募集実績が0なわけです。

おそらく、運営に通報されてはメールアドレスを変えて登録し、また通報されてはメールアドレスを変えて…を繰り返していたのでしょう。

 

私は、「報酬を支払ってくれると確約がなければ、この仕事は受けません」とメッセージを送りました。

返信は、まだありません。やっぱり図星だったのでしょう。

 

2回も騙されかけると、なんとなく地雷っぽいクライアントが分かってきます。

ちょっとまとめてみました。

  1. 日本語が怪しい。そもそも文章書くのを依頼する方にも関わらず言葉を間違っている
  2. 「途中で止めるの禁止!」的なマニュアルを見せられる
  3. そのマニュアルの字の大きさがなんだか不自然に大きい

上記のようなクライアントは、怪しいです。

 

まぁ、クラウドソーシングサイトでお仕事を探しているとこうしたクライアントが紛れ込んでいるもので。

何事も経験値になると思います。騙されてみるのもアリ…かもしれませんが、やっぱり騙されないほうが1000倍良いと思います。

 

今回はこんなところで。

みなさんは騙されないようにしてくださいね。