私の文章、個性的すぎる問題

こんにちは、またはこんばんは。

りあんぐです。

 

ある方のブログを拝見したときに、改めて感じました。

「文章って人によってホントに違うよな」と。

f:id:mariang:20170906104754j:plain

私が拝見したブログというのは、私と同じようにwebライターをしている人のブログです。

その人は私よりだいぶ年上のようなのですが、文章がすごく理路整然としているのですよ。

「えっ⁉同じwebライターなのにこんなに違うの⁉ていうか、同じ人間なのに⁉」

と驚きました。

 

事実を淡々と書き、そのうえで自分の考えを表現するその文章に、私は魅せられました。

同時に、

「お金を儲けることができる文章ってこういう文章なんだろうなー」

とも思いました。

 

そりゃそうです。

クライアントさんにしてみれば、理路整然として客観的な事実を正確に伝えるような文章を求めているに決まっています。

別に、文章の個性が必要なわけではないのです。

(私がクライアント側になったときも、上述のような文章を求めると思います)

 

そして、私は今までの自分の文章を見返しました。

文体診断ロゴーンにもかけてみました。↓

logoon.org

 

そうすると、あることが見えてきました。

私の文章、個性的すぎる問題です。

 

そう、ブログを読み返したら、

「私の感情が丸わかりの文章だなぁ」と感じ、

文体診断ロゴーンにかけてみても、

「とても個性的」と結果が出るのです。

 

そう、言ってしまうと理路整然とは思えない文章なのです。

 

クライアントさんはライターの感情は求めていないでしょうし、

感情が伝わるような文章も要らないでしょう。

(記名記事とかなら違うかもしれませんが)

 

おそらく、最近立て続けに案件に応募してもテストライティングで落ちてしまうのは、これが原因なのでしょう。

私の感情が丸出しになっているのだと考えられます。あらやだ恥ずかしい。

 

この問題を如何にして解決するべきか?

 

このまま個性爆発の文章を採用してくれるクライアントさんを探すのか、

それとも文章を矯正していくのか。

 

私は後者を選びたいと思います。

 

あっ、ブログでのノリは今まで通りに行こうと思います。

息抜きでもありますし、自分の好きなように文章が書けるというのは良いものなので。

 

ただ、webライターとしては、文章を矯正していきます。

一番最初に挙げたwebライターさんのブログを拝見しながら、ちょっとずつ技術をマネすることができればな、と思います。

 

今回はこれで終わりです。

ありがとうございました。