新婚旅行で種子島に行ってきました(後編)

こんにちは。

りあんぐです。

 

今回は昨日の記事の続きです。↓

mariang.hatenablog.com

 

ビールで夜を過ごした次の日は、釣り道具をすべてレンタルして念願の釣りに行ってきました。

しかも、堤防渡しで。

(堤防渡しとは、船で遠距離の堤防に運んでもらうことです)

 

この堤防渡しという行為があんな恐ろしいモノだとは予期していませんでした。

陸または堤防から船に乗り込むとき、どうしても段差を上がる、または下がるというカタチになってしまうので、高所恐怖症には辛いものだったのです。

(ゴム製の梯子を上ったり下りたりしました。超怖かったです)

 

目的地は、「ロケット灯台」と呼ばれている箇所です。

こちらで3時間ほど釣りを行いました。

f:id:mariang:20180725101728j:plain

釣果はこの通り。「オヤビッチャ」という魚がたくさん釣れました。

このオヤビッチャ、釣れるなんて量じゃありませんでしたね。

恐る恐る海面を覗いてみると、大量に待機しているオヤビッチャの諸君。

「こっちにこいよ!スタンバイOKだからさ!」という声が聞こえてきそうなほど、大量にいました。

 

さて、大量に釣れたオヤビッチャですが、なんと釣り具をレンタルしてくれた店主さんが居酒屋を紹介してくれて、さばいてもらいました。

f:id:mariang:20180725102323j:plain

(塩焼き、刺身、唐揚げ、みそ汁に調理してもらいました。ありがとうございました!)

 

オヤビッチャ、名前に反して(?)美味しいです。

wikiを見てみると、「食材に利用されることは少ない」と記述してありますが、

オヤビッチャ - Wikipedia

 

釣り具の店主さんは「美味しいよー」と言っていました。そしてその通り、美味しい!

また釣りしたいな、なんて思える経験でした。

 

さて、次の日はついに宇宙センターの見学です。

見学ツアーを申し込んだのです…が。

まずは私が撮影した写真をご覧ください。

f:id:mariang:20180725103914j:plain

f:id:mariang:20180725103939j:plain

これだけです。

 

そう、私は宇宙センターには特に興味を持てなかったんですよねー。

星とか宇宙には興味があるものの、そのための技術にはさっぱり興味を持てなくて。

一方、夫は写真撮りまくってました。熱いトークもしてくれました。

でも、ごめん。興味持てなかった…。

 

あ、でも宇宙科学技術館の展示物は面白かったです。

なんというか、わかりにくいものを簡単な仕組みに例えて説明しようとしている努力が伝わってきました。

あと、君も宇宙飛行士になれるかも!という空気を一生懸命作っているなーとも。

どんな感想だ。自分でもよくわかりません。

 

ちなみに、高速船が行き来する西之表市と宇宙センターがある南種子町は離れた場所にあるので、レンタカー必須です。

 

そんなこんなで、新婚旅行に行ってきました。

楽しかったです。暑くなければもっと楽しかった…のですが、鹿児島本土よりずっと涼しかったので、そこは妥協すべきなのかもしれません。

 

最後に、帰りの高速船から撮った写真を載せます。

f:id:mariang:20180725105122j:plain

 

バイバイ種子島

またね。

 

以上です。

読んでいただきありがとうございました。