美容室が苦手なんです…

こんにちは。

りあんぐです。

 

一昨日までの猛暑が嘘のように、本日は涼しいです。

雨ってこんなに素晴らしかったんだね…と勝手に雨さんを見直しています。

実際、雨って大事なんですけどね。

 

実は、再来週?ぐらいに結婚式に参加する予定がありまして。

そのために、本日髪を普通?の色に染めてまいります。

 

しかし、私は美容室が苦手です。

そこで、今回の記事は一言で言ってしまうと「美容室ヤダヤダ!」という内容です。

単なるワガママをここに綴るだけですので、内容はくだらないものになります。

(いつもくだらない内容ですが)

それで良いという非常に優しい人は、どうぞスクロールしてください。

超嬉しいです。

 

f:id:mariang:20180817095001j:plain

 

美容室の何がイヤって、あまり知らない場所+あまり知らない人と長時間共にするということです。

 

私は人見知りが一周回って初対面の人(しかし初顔合わせから一時間以内の人)には愛想よくできるのですが、それ以上になると無言の時間が長くなってくるのです。

私、それがとてもイヤで仕方がないんです。

 

なんでイヤなのか、というと、やっぱり緊張からなんでしょうね。

初対面の人は緊張しますが、数回顔を見合わせている人にはもっと緊張します。

緊張すると、疲れますよね。結果としてエネルギーを良くない方向で消化していることになるので、「身体に悪いことをしている!」と頭が判断するのだと思うのです。

そのすると、頭と心の方向性がばっちり合い、「美容室行きたかないよう」に繋がるのだと思います。

 

でも、私に髪を自分で切る技量は持ち合わせていません。カラーもヘタクソです。

なのである一定の時期が立つと美容室に行かなければならないのですが…。

美容室に居る際、少しでも緊張をほぐす術を編み出しました。

 

それは、「ひたすら雑誌を読む」ということです。

「それって普通のことだろ!」と思った人、多分すっごく多いと思われます。

でも、これが私が考えた、もっとも良い対策です。

 

この術のポイントとしては、

美容室で椅子に座ったと同時に雑誌を読み始める

ということです。

 

これで、美容師さんは「ああ、雑誌に集中したいんだな」とたいていは悟ってくれます。

雑誌は週刊誌がオススメです。なぜなら美容師さんの持っている話題のなかに、週刊誌に関するお話は少ないからです。

一番危ないのはファッション雑誌です。ファッションは美容師さんの得意中の得意の分野なので、容赦なく話題を振ってきます。その結果、「あっはい、そうっすね…」と何とも言えない返事を連発しなければならないことになります。

 

全世界の人見知りの皆さん、一緒に美容室という名の戦場で戦いましょう。

その緊張の時間を乗り越えれば、素敵なスタイルが出来上がります。

それまで、共に戦いましょう。

 

これから戦場に赴く、まりあんぐからお伝えしました。

頑張ってきます。