統合失調症の人間は子どもを産むべきか否か

お久しぶりです。

りあんぐです。

 

ずいぶんと久しぶりの更新になります。

更新が滞っていた原因は……特に無いのですが、

なんとなく更新できずにおりました。

いつも読んでくださっている人、すみません。

初めてこのブログに来てくださった人にも、すみません。

 

さて、最近表題のことで悩んでおります。

今回はそのことについてグダグダ綴っていきます。

f:id:mariang:20181030134249j:plain

 

ずばり、子どもを産むか産まないか。

そのことについて悩んでおります。

 

このブログに来てくださった人ならお分かりになると思いますが、私は統合失調症です。

場合によっては幻覚などを感じてしまう病気であります。

おまけに私はストレスに弱く、精神的にクソザコであります。

 

そんな人間が、子どもを産んで育てられるのだろうか?

 

統合失調症の人でも、子どもを産んで育ててらっしゃる人がいるのは知っています。

(そのようなブログにお邪魔することが最近多くなってきています)

しかし、それはあくまでも「上手くいった」例であって、自分が同じようにできるのか?と考えると、それは難しいかなぁと思ってしまう次第なのです。

妊娠に伴う断薬ですら恐ろしいと感じています。

 

私の夫の帰りは遅いほうです。

その間、昼間にずっと私が子どもを見ていられるかも怪しいのです。

子どもと一緒に公園に行く、散歩に行くのは確かに楽しい、喜ばしいことかもしれませんが、アクティブではない私がそれを行うのは正直苦しいのもあります。

 

はっきり言ってしまうと、子どもを産むメリットをあまり感じられないのです。

 

「子どもを産むことは人生の喜びに繋がるよ!」という声もあるかもしれません。

しかし、自分の喜びを子どもに押し付けるのはどうなんだ?とも私は考えてしまいます。

考えすぎなんですかね。

 

夫にこの旨のことを話したら、同意してくれました。

しかし、今決定するのは早すぎるのでとにかくそういう考えで暮らしていこう、ということになりました。

 

私は今29歳です。

適齢期を考えると、あと3年くらいは健康な子どもを産める可能性が高いです。

言い換えると、それまで考える猶予はあるのです。

 

繊細でありながら人生を左右する大きな問題であるので、ゆっくり考えたいと思います。

 

今回はこんなところで終わりです。

読んでくださり、ありがとうございました。